経営改善計画書の作り方

 経営改善計画を策定する目的は2つあります。1つは変化する経営環境へ対応し、更なる利益の増加や生産性の向上を図るため、もう1つは資金繰りの悪化などから緊急に経営の改善が必要になることへ対応するためです。

 前者の経営改善計画は「事業計画」ともよばれ、5年後・10 年後を見据えて策定されます。

 後者は決算で(実質的に)債務超過となり、借入金の返済が困難となったり、金融機関からの新規の借入が困難となるような場合に策定されるものです。ここでは後者の経営改善計画の策定を考えます。

 資金繰りがつまったときには、銀行に頼んで借入金の返済期間を延長してもらい、月々の返済額を減らしてもらう必要があります。この返済期間の延長をリスケ(リスケジュールの略)といいます。

 銀行にリスケをしてもらうためには、実現可能性の高い経営改善計画の提出を銀行から求められます。
銀行が経営改善計画の提出を求めるのは、実現性の高い抜本的な経営改善計画があれば、格付けを下げ
なくともよいと金融検査マニュアルに規定されているからです。

 経営改善計画は、決算が赤字となってしまったときにも役立ちます。損益が赤字となった場合には、
通常は、格付けを要注意先に下げられてしまい、追加の融資を受けるのは難しくなります。しかし、
赤字が一過性のものであれば、格付けを正常先のままにしておいてもさしつかないと、金融検査
マニュアルには規定されています。

先ず、資金繰りを改善するための行動計画を練ります。

【主要な対策内容】
 •コアとなるビジネスへの集中とリストラ
 •資産売却
 •人員、人件費削減
 •経費削減
 •製品・サービスの改良案
 •あらたな顧客の拡大
 •社員毎に個別行動計画

 これらの対策案に基づいて、数値計画である経営改善計画を策定します。数値計画が不十分な内容に
しかならない場合には、対策を練り直す必要があります。対策案を何度もねりなおして、それに応じて、
経営改善計画も何度も修正する作業が発生します

 以下が、銀行に提出する経営改善計画の具体的な内容です。

 •過年度3期決算書
 •5ヵ年事業計画書(損益計画、貸借対照表計画、資金繰り計画)
 •経営改善のための対策と実施スケジュール

 リスケを実行される場合や、損益が赤字となってしまった場合には、経営改善計画をぜひ作成して
ください。

 当事務所ではお客様が経営危機に陥ったときには、経営改善計画書の作成をお手伝いして、お客様の
生き残りに貢献させていただいております。

 わからないことやお困りのことがあれば、お気軽に当事務所の無料相談をご利用ください。

 




トップページ ◆事務所案内 ◆業務案内 ◆料金 ◆アクセス ◆お問い合わせ ◆個人情報保護方針 ◆メールマガジン